新潟市の新築住宅は色々と比較して建てるべきだと思いました

サイトマップ

ソファ

新築住宅にできることと気を付けたいこと

緑の壁紙

新築住宅の魅力は設備を自由に考えることができる事にもあります。節電を考えてのガス冷暖房の設置や、床暖房の設置などで快適性を高めたり、ドアの開閉方式などバリアフリーにより特化した設計を含めたり、オーディオルームや防音の電動工具の作業ルーム、ウォークインクローゼットのような目的を特化した部屋も新築住宅ならばよりリフォーム工事よりはるかに簡単にできます。
また、最新の遮熱塗料による外壁塗装や断熱能力の高いガラスや、断熱能力の高い樹脂製のサッシを取り付けたり、照明器具を全てLEDのものにするなど、現時点での最高性能を求めることもできます。一方で、新築住宅はマンションなどと違い、階段や窓の配置、ドアの配置をのぞいて、完成して暮らしているときのイメージが明確ではない部分があります。そこで気を付けておきたいのが電気コンセントやガス配管、テレビ配線の配置です。
現在は携帯電話と無線LANの普及で電話線のことはそこまで重視する必要はありませんが、特にコンセントの配線は後々のことを考えると多いに越したことはないですし、ケーブルに室内を支配されないような余裕のある配置を考えて内装の工事の時点までに施工会社に伝えておきましょう。

一覧へ

Copyright © 2016 新潟市の新築住宅は色々と比較して建てるべきだと思いました All Rights Reserved.